FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きいこか

さて、前回は猫なぐが結成した経緯について記しましたが、
今回は猫なぐが出来ていった流れなど、軽く書きたいと思います。

長くならないといいですね…。

前回はりっちゃんが猫なぐをクランとして活動させるに至った張本人だと言うことまでお話ししましたね。
では今回は猫なぐが辿ってきた歴史でも記していきましょう。

りっちゃんから急な耳打ちを受けた私は、
一瞬、
本当にクランとしてやっていけるのだろうか、
この人物は信用できるのだろうか、
人は集まるのだろうか、
など様々な事案を2秒程考え、私が出した結論は

「やりますかw」

的なもの凄い軽い返事である。

そこからのクラメン募集が凄い早い。
りっちゃんの人脈の太さを感じさせる怒濤の加入。
そこから生まれる人のつながりによるクラメン募集部屋の人の数。
一日で全く私と関わりを持ったことのない人が10人集まり、
次の日には15人、
その次の日には20人と、目に見えて増えていったのである。

正直私は翻弄されていた。
こんな人数をまとめるような能力なんて私は持ち合わせていないぞと考えていた。
正直10人でも「すげー!こんなに集まっちゃったよ!」とか凄い純粋に驚いてしまうほどのクランを知らない人間だった。
それがどんどん増えていって、気づいたらどうだろう、50人を越えているではないか。
参ったね本当に。私の意図していない人数の増え方だった事は否めない。
それでも、始めてしまった以上、途中下車はあり得ないと考えているため、
現在もこうして続けているわけである。因みに現在は40名のクラメンが在籍している。
実際は3月あたりに一旦活動を休止、5ヶ月後の8月にクラン活動再開という、5ヶ月間の空白はあるものの、
私はこうして無事ブログを書くまでにクラン活動を復活させることが出来た。
それもどれも、皆クラメンのおかげである。猫なぐを愛してくれた結果である。
本当に感謝している。


などと照れくさい台詞を書いたあとではあるが、クラン「猫で殴りゅぅぅぅ」に対しての周りの反応についても触れていこう。

結成当時、ほぼマフィーノの面子で構成されていたうちのクランは、クランの名前が売れる前に人の名前が売れていたので、某匿名掲示板にて散々に叩かれる。
「戦い方が卑怯」
「ガン待ち」
「奇襲、ガン待ち何でもござれ」
等々、これでもかと言わんばかりの書き込みである。
正直これには当時の私も憤りを禁じ得なかった。
クランマスターである私に直接言いにこいと、そうすればあなたたちが感じている猫なぐへの感情を少しでも改善することが出来るだろうし、私としてもクランの活動を改める良い機会になるから取り敢えず私の所に直接言いにこいとずっと思っていた。
そういったクランへの恨み辛みの矛先が少し変わり始めたのが、我がクラン最強だったであろう「ぶ○○」の存在である。
彼がクラン戦で無双するたびに某匿名掲示板は彼のことを叩く叩く。
猫なぐの話題はいつしか彼の話題だけになり、私の存在が消えていく…。
そうか、このときからか、私こと「猫で殴りゅぅぅぅ」クランマスターSKYCATの影が薄くなり始めたのは…。
でもこんな叩かれ劇も、あの戦いで沈静化していく。
そう、某最強近接クランとの戦いだ。
あの戦いに参加していたクラメン中半分はもうトイにはほとんど顔を見せない、または戻ってこない面子という事実。
だが彼らのおかげで、猫なぐは今の状態になれたのだと思う。
感謝したい。


現在猫なぐは総合クランランキング34位にまで上がった。
結成当時では考えられなかった数字である。
最初はランキングに載ることさえも大変であったはずなのに、今となっては次の順位に上がる為にそのランキングに載るための倍の経験値が必要になっている。
猫なぐもあともう少しで1周年になる。
トイ・ウォーズがいつまでサービスが継続しているかわからないが、
猫なぐを出来るだけ長く続けて行けたらと切に願う。



凄く…長いです。
色々ありました。文章が凄く支離滅裂です。たぶん眠気のせいです。今午前3時です。
ですが、だいたい書きたいことは書いたと思います。
これがクラマスである私視点から書いた、猫なぐの歴史です。
長文ではありましたが、呼んで下さった方に感謝し、締めとさせて戴きます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

SKYCAT

Author:SKYCAT
猫達の集会所

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ArcheAge
Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。